奈良県無料・格安キャンプ場まとめ

キャンプ
キャンプ キャンプ場まとめ キャンプ場レビュー

奈良県の無料・格安キャンプ場のまとめです。(随時更新)

管理人が実際に訪問した場所を記載しています。

青いピンが無料キャンプ場、赤いピンが格安キャンプ場の位置を示しています。

奈良県の無料キャンプ場一覧

随時追加予定です。



奈良県の格安キャンプ場一覧

つり橋の里キャンプ場

谷瀬の吊り橋の下にある珍しいオートキャンプ場です。予約不要。

真上に吊り橋があるほか、すぐそばに大きな川が流れていて、釣りもできるようです。

受付のおばちゃんは気さくで、丁寧に対応してくださったのが印象的です。

木々の間に設営できて雰囲気もあり、良いキャンプ場です。

閉鎖していましたが、2021年10月より営業再開しているようです(googlemapのコメントより確認)

下北山スポーツ公園 きなりの郷

きなりの郷HPより引用

大きな運動公園の中の一角にあるキャンプ場です。

バンガローや温泉、テニスコートもあり様々な遊びが楽しめます。

散策路もあり、ゆるい山歩きを楽しむこともできます。

キャンプ場 – 下北山スポーツ公園
ダム湖でのバス釣り、前鬼川でのアマゴ釣り、熊野での海釣り、あるいは登山と、アウトドアスポーツの拠点に。設備の整った大小様々なコテージとキャンプサイトが楽しめる「下北山スポーツ公園」。

↓バンガローについてはこちらの記事をどうぞ。

無料キャンプ場の注意点

・受付が必要でない(予約不要)の所もありますが、多くは事前にHPや電話での予約や事前申請が必要になります。キャンプ場によっては独自のルールがあるため、必ず確認しましょう。
・水道水は飲めませんし、水道が出ない所もあります。飲料水は必ず持っていきましょう。キャンプ場によってはトイレのないところもあります。自動販売機も多くの場所でありません。
ゴミは必ず持ち帰りましょう。ゴミ捨て場のあるキャンプ場は少ないです。持ち帰り用のゴミ袋を用意していきましょう。
・焚き火をする時は必ず焚き火台と焚き火台の下に敷くものを用意して地面を焼かないようにしましょう。灰もかなり下に落ちます。また、焚き火から離れる時は消火してから離れましょう。
・無料キャンプ場では直火(焚火台を使わない火の取り扱い)は禁止です。焚き火自体を禁止しているキャンプ場もあります。
・バーベキュー時に利用した炭も、火を消した後アルミホイル等につつんで持ち帰りましょう。地面に埋めて置き去りにするケースも目撃しますが、炭は自然に還らないので絶対に放置しないでください。
・辺りが暗くなってきたら話し声は控えめにして、静かに過ごしましょう。管理者がいないところが多く、様々な利用者がいるためトラブルの原因になりがちです。耳栓などを持参すると安心です。

無料キャンプ場に持っていきたいもの

焚き火シート…地面を焦がさないように焚き火台の下に敷きます。焚火をするなら必ず持っていきましょう。

アルミホイル…焚火やBBQ後の灰や炭を包んで持ち帰ります。灰は包まないとゴミ袋が燃える危険があります。

耳栓…夜中にぐっすり眠るために重要です。いろいろ使いましたが、米軍でも使われているMOLDEXのものがコスパが良いです。

浄水器…毎回水を買っていくのが面倒なキャンパー向け。水道水を浄水して飲むことができます。

ゴミ袋…無料キャンプ場では、ゴミは必ず持ち帰りましょう。ゴミ捨て場はほぼありません。

アウトドアワゴン…無料キャンプ場は駐車場からサイトまで距離があることが多いので、荷物を乗せるワゴンがあると便利です。コールマン製のものが耐久性があり人気です。工夫をすればテーブルにもなります。

↓キャンプ場まとめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました