川の水が飲める!アウトドアで便利な携帯浄水器(SAWYER SP128 ソーヤーミニ)レビュー

アウトドアギア
アウトドアギア

登山時に携帯する水、重くないですか?

私はあまり体力がある方ではないので、登山のたびに水の運搬には困っていました。

どうしたらいいのかを調べていて、候補に上がったのが携帯浄水器という存在です。

普段は軽量でコンパクトでありながら、沢の水があればそれを濾過して水分を補給できる。

私のような荷物を軽くしてアウトドアを楽しみたい人間にとってぴったりのアイテムだったのです。

購入した商品は、SAWYER MINI SP128 / ソーヤー ミニ SP128というアイテムです。

キャンプや登山の場面で、水の持ち運びが面倒だと感じている方にはぜひチェックして欲しいアイテムです。

初めは高いかなと思ってなかなか手が出なかったのですが、実際に使ってみてやっぱり良かったので、紹介します。

携帯浄水器を買ったきっかけ

最近登山を始めたのですが、荷物が重くなるのが嫌で、水を最低限しか持ち込まなかったところ、途中で水が足りなくなりました。

途中の沢で水を補給しようとしたところ、「水が汚染されているので、飲み水には適しません」という看板があり、山の水はそのまま飲めるものではないということを学びました。

水がないと不安になり、アウトドアを楽しむことができなくなります。

また、私はキャンプでも毎回2リットルの水をスーパーで買い、キャンプ場へ持って行っていました。

この水を毎回運ぶのは大変で、なんとかならないかといつも思っていました。

そこで、ネットで調べたところ、携帯浄水器というものを見つけました。

これで登山途中の水場で浄化した水を補給することができるようになり、水切れの不安がなくなりました。

また、キャンプ中でも水道水の水を浄水して飲み水にできるため、わざわざ思いペットボトルの水を買う必要がなくなりました。

これは画期的な体験でした。

携帯浄水器とは

携帯浄水器は川や湖などの水から不純物を取り除き、飲める状態に浄水するものです。

ソロキャンプや登山などのアウトドアで大活躍し、また現地の水を飲むという、ワイルドな体験をすることができます。

浄水器があれば、キャンプ場で水道水をろ過したり、登山中に沢の水を飲料水として確保することができます。

煮沸して飲み水に変えることもできますが、その度に20分程度は時間がかかりますし、バーナーを持ち運ぶ手間もあります。

面倒くさがり屋の自分にはここがどうしても改善したかった部分です。

水は何かと必要になりますが、携帯して持ち運ぶにはかさばり、面倒なものです。

これらの問題が、携帯浄水器があれば解決します。

持ち運びに適しているため、災害時の避難物資にもおすすめです。

災害用の避難物資をまとめたトランクに、1つあると頼もしくなります。

SAWYER MINIの特徴

・仕様
付属パウチ:0.5L
重さ:約19g
大きさ:約22.5x12.5cm
水生微生物・病原体:バクテリア(コレラ菌、ボツリヌス菌、チフス菌、アメーバ赤痢菌、大腸菌、大腸菌群、レンサ球菌、サルモネラ菌)、微生物(ジアルジア、クリプトスポリジウム、サイクロスポラ)
除菌:99.99999% (7 log) [米国環境保護局の基準値:99.9999% (6 log)]

ソーヤーは、高機能な浄水フィルターやコンパクトなポータブル浄水器などを製造するアメリカのブランドです。厳格な製品テストにより、安心・安全な水を確保することが可能。その性能の高さは、国連などの公的機関で高く評価され、世界80カ国以上もの国と地域で使用されています。ウルトラライトなトレッキングやキャンプ、災害時にも役立つ浄水器です。

amazon製品ページより引用

SAWYER MINIのメリット

ソーヤミニはとにかく軽い。

重さが20gのため、リュックに背負うとほとんど重さを感じることはありません。

パウチも丸く折りたためるため、ほとんどかさばりません。

私は上記のフィルターとパウチをジップロックにまとめ、リュックに入れています。

ペットボトル1本を持ち運ぶと500gですが、ソーヤミニならば20gで済むため、荷物を軽くしたい登山家やトレイルランナーに最適です。

フィルターは無数にあいた0.1ミクロンの穴があり、これによって水をろ過する仕組みです。

バクテリアや微生物など有害な病原菌をほぼ100%除去することができます。

また、時々メンテナンスをすることで、一生使うことができます。(後述)

SAWYER MINIのデメリット

ろ過しても水の味はあまり変わりません。

なので元の水の味がイマイチだと、ろ過した水も味はイマイチです。

山の中で水源があっても、飲めるようにはなるけど場所によっては美味しくありません。

また、あまりに汚い水をろ過すると、フィルターに汚れが詰まりやすくなります。

その場合は、先に手ぬぐいなどで泥水などをある程度ろ過してから、浄水器を使うと良さそうです。

また、濾過をした水は水道水レベルの安全性にはならないようなので、過度な期待は禁物です。

どうしても不安な場合は、濾過した後煮沸を行うなどすると安心でしょう。

フィルターが詰まると浄化スピードが遅くなるので注意が必要です。

出が悪くなったら、メンテナンスの時期です。

SAWYER MINIの使用方法

使用方法は、まずろ過したい水をパウチに汲みます。

パウチにフィルターをセットし、入った水を手で握って押し出します。

そのまま飲んでも構いませんし、ペットボトルに給水することもできます。

フィルターを通しているため若干の抵抗感はありますが、水が出にくいということはありません。

力強く握り込まなくても水は出ます。

わたし自身はお腹がゆるくなりやすい体質ですが、実際に複数回沢の水をろ過して飲んでたところ、特にお腹を下すことはありませんでした。

使用して3ヶ月以上経ちますが、特に体調が悪くなったりはしていません。

SAWYER MINIのフィルターのメンテナンス方法

メンテナンスは簡単です。

浄化して作った水を、付属の注射器で排水側に刺して、水を逆流させます。

かならず浄水器でろ過した水で手入れするのがポイント。水道水ではダメです。

実際にやってみましたが、特に迷うことなくできました。

つまって水が出にくくなってきたら、メンテナンス時期のようです。

使用の度に清掃する必要はないため、楽で良いです。ズボラな自分にはありがたい。

フィルターは100年ほど利用できるため、一生使えるという恐るべき代物でもあります。

ソーヤミニのまとめ

以上、携帯浄水器のソーヤーミニの紹介でした。

キャンプや登山・災害時など、幅広い場面で活躍してくれますし、耐久年数も申し分なし。

最近購入したアウトドアグッズの中では、群を抜いておすすめです。

やはり人にとって水というのは大切なもの。

その水をどこからでも確保できると考えると、精神的な安心感は想像以上にあります。

水の持ち運びにお困りの方の参考になりましたら幸いです。

関連記事

使わなくなったアウトドアギアってどうしたらいい?

使わなくなったキャンプ道具って結構場所をとるし、できれば売ってお金にしてしまいたいですよね。

でも買取店舗まで持っていくのは、時間や車代がかかります。

そんな時は自宅から箱に詰めて送るだけでOKな、JUST BUYが便利です。

送料も査定料も無料。

不用品を買い取ってもらって、新しい道具を買うお金にしてしまいましょう!

キャンプ用品専門買取【JUST BUY】

monoをフォローする
OUTDOOR monolog

コメント

タイトルとURLをコピーしました